目的

公共事業の事業効果が早期に発揮できるためには、用地取得の円滑化・迅速化を図り、用地取得期間を短縮することが不可欠です。

本業務は事業に必要な土地の取得およびこれに伴う損失の補償に関する公共用地交渉等を行い、当該事業の用地取得の早期進捗を図るものです。

  • 用地補償総合技術業務 執務状況
  • 用地補償総合技術業務 執務状況
公共用地取得事務の流れ